アイキララ 成分

アイキララの成分について|副作用や安全性はだ問題ないか!?

お肌に直接付ける化粧品は、どのような成分が含まれるか心配ですよね。
副作用によっては、肌が荒れてしまったり、肌意外にもトラブルがでてきてしまったりします。

 

そこで、アイキララにはどのような成分が含まれているのか、
また、副作用等が出てくるのか、調べてみました。

 

 

まず、アイキララに含まれているすべての成分は下記の通りです。

 

水、DPG、コメヌカ油、パルミチン酸エチルヘキシル、グリセリン、ベヘニルアルコール、トリエチルヘキサノイン、ステアリン酸、ステアリン酸グリセリル、セテス-25、ミリスチル3-グリセリルアスコルビン酸、パルミトイルテトラペプチド-7、パルミトイルトリペプチド-1、クリシン、N-ヒドロキシコハク酸イミド、ステアレス-20、グルコン酸クロルヘキシジン、アンズ核油、アボカド油、カニナバラ果実油、ヒマワリ種子油、ナットウガム、BG、ジメチコン、トコフェロール、コレステロール、シア脂、エチルヘキシルグリセリン、カプリル酸グリセリル

 

この中でも、アイキララに特に多く含まれているミリスチル3-グリセリルアスコルビン酸(MGA)は、
コラーゲンを補給する成分で、ハリと弾力を活性化してくれるために、
目の下のクマによく効く成分と言われています。

 

クマは、目の下の皮膚が痩せてしまい、色素が透けて目元が暗くなることが原因で、
クマができてしまいます。

 

よって、クマとなる箇所の皮膚の再生がクマを解消することの一番最速の方法となりますが、
この再生を活性化させるのに一番良い成分とされているのが、このMGAです。

 

その他、保湿効果に優れて血行を良くするといわれているKコンプレックスや、
クマの解消効果に良いとされているハロキシルなども含まれております。

 

特にハロキシルは、色素沈着を解消する作用があり、目の下のクマの色素沈着や、
その他、シミ・くすみまでもを改善する効果があります。
また、ハリと弾力も加わり、今注目の成分です。

 

アイキララに含まれる成分は、植物性由来の成分が主な成分となっているので、
その点も、副作用が起きないこととして、安心です。

 

また、アイキララには、保存料、色料や防腐剤はまったく使用されていないので、
その点も心配ありません。

 

ただ、アレルギー保持者は、全ての人にアレルギーが出ないとは限らないため、
注意が必要です。肌に合わない、何かおかしいと思ったときは、念の為、いったん使用を中止し、
医者等に相談されることとをお勧めします。

目の下の悩み対策はコレ!「アイキララ」

 

アイキララの成分を徹底検証!副作用や安全性は大丈夫か!?